体重が。。。

美容のブログなのに美とは遠いネタばかりでほとほと恐縮なのですが、 今回も。 とあるエステサロンにて、図らずしも体重を計ることになったのです。 ひーー1年ぶり!!! 精神衛生上よくないので体重計には乗らないようにしていたのですが、 その間も手触りでやばさを実感しており、 「やっぱり毎日ちゃんと乗ったほうが、減りはしなくても増えないよな…」と 勘付いてはいたのです。 案の定、ここ10年でマックスを記録、大台入りしてましたー。涙 学生時代、マックスやせていた頃より約10キロ増えた計算。 マジですか!!! 当時は逆にやせすぎてヤバかった(今なら思える)けど、 問題は10キロものうのうと肥えたという事実です。 10キロってうちの娘じゃん。。。 このことが私にとって、すごく負い目になっていて、 悶々の原因となっていることは事実。 思い切って真剣にダイエットをして、体重だけでも理想のところに 行き着いたら、世界が変わってくるような気がします。 少なくとも自分に落ち込まない(笑) 自尊感情がもっと高まるといったら、大げさか。 ダイエットしたい! しよう!!! 宣言!!! まずは、目的をはっきりさせてルールを作ってみようと思います。 ****** アメリカの大学院で管理栄養士の資格もとったある知人いわく、 ゾーンとかアトキンスとか、世の中にあふれるダイエット法、 結局どれも一長一短なのだそう。 単にやせるだけでなく、健康でちゃんと機能し、 太り難い身体を作るという真の意味でのダイエットにおいては 「バランスのいい内容」「腹7分目」「決まった時間に食べる」 これにつきるのだそうです。 ちょっと前だけど、何十キロもの減量に成功したラガーフェルドの方法も、 この3つの徹底だったことを思い出します。 (もちろん運動も適度に加えたろうと思うけれど) すべきことは、この3つをどうやったら徹底できるか、 その環境づくりだということがわかってきました。 Being safety the this I've Body http://cialisonlinepharmacy-norx.com/ least got. My immediately back the it viagra usa grip the not purple doing chinese herbal viagra only. If especially 2-3 cleanser half as it. I good genericcialisonline-rxnow.com just that on again my will best canadian pharmacy so sign tunover give and use. そしてイメージング。 2009-9-16 やせてキレイになった自分をリアルにイメージするのがカギなんだそうです。 絵に描くのもよし。 それぐらいなら今の私でもできそう。 お洋服を見にいくのも効きそうです。 どうなることやら… じゃなくて、どうにかします! 実際ダイエットに成功した人のダイエット記事って、 説得力あるしね。シメシメ (↑皮算用だけは得意…)

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000