産後美容。

2009-9-23

雑誌「ニナーズ」9月号に出させていただきまして。
「おしゃれ業界ママにきく、私のキレイの素」という特集。
ファッションプレスやヘア&メイクさんなどが、
産前・産後で美容に役立ったコスメやサプリやサロンなどを
紹介するページです。

私はボビイ ブラウンの「ポットルージュ」と
おなじみマドレボニータを紹介していますが、
アンケートにはこの2つ以外にも、たくさん書いたのでした。

雑誌には載らなかった、産後美容のカシワヤリコメンドのアイテムを
紹介したりなぞ、してみます。
うっかり、すごく長くなってしまいました。

うちのお姫さんは新生児の頃からとにかくよく泣きまして、
お風呂にゆっくりつかるなんて安息の時間はほとんどなかった。
それでも産後1か月はスキンケアやボディケアをまだできたほう。
(赤ちゃんはベビーバスを使うので)
赤ちゃんと一緒のお風呂に入るようになった2か月目からは、
顔も身体もケアはシンプルのきわみ。
ローションをコットンでつけて、美容液つけて、アイケアして、クリームつけて…
なんて悠長なことはやってられない。
とにかく乾かないよう、赤ちゃん乳液を自分の顔やら脚やらにも
ちゃちゃっとつけてしのいでました。
後できちんとやろう、と思っても、やれませんでしたー☆
ごくたまに、お姫さんが寝静まってからシートマスクをつけてました。

というわけで産後、役に立った、
最小限の手間で効果的に保湿できる“レバレッジ保湿”において、
あるといいもの。

1.1品でとりあえず保湿できる化粧液やオイル美容液
2.がつんと肌アゲできるシートマスク
3.洗顔後の肌をすぐさまうるおすブースター
の3つです。

1について。
化粧液はエレガンスのものにとってもお世話になりました。
それとアユーラなど。
オイル美容液は、インプレスやアルビオン、ベキュア、アンティアンティ、
ポール&ジョーなどが使用感よく、お値段も手ごろでよいかも。
YSLやディオールのオイル美容液は、1滴にぎゅっと栄養分が詰まっているので、
1品でもしっかりエイジングケアできそう。ムフー! てな値段だけど…
ま、赤ちゃん乳液でもいいんです。何度か重ねづけしたり、工夫して。

2について。
重視すべき点は肌アゲ力のほかに、できれば目の部分が開いていること、
そしてフィット性。
せっかく赤ちゃんが寝ている貴重な時間、マスクしながら家事なども
済ませてしまいたいですからね!
カシワヤセレクトは以下。

SK-2の「スキン シグネチャー 3D リディファイング マスク」
数年前、一世を風靡したリフティングマスクの進化版。
伸びるシートで肌をぐいーんと持ち上げ、ぴたっと止めて形状記憶するのです。
はがれないばかりか、顔がほんとにリフトアップして小さくなる!!!
SK-2はいつも、「なんで今までなかったんだろう~~!」てな
すばらしい気づきと効果感をもたらしてくれる職人ブランド。

花王 エストの「ディープ アクティベート マスク」
シートに炭酸を織り込んでいて、炭酸効果で血行アップが狙えるという傑作。
これも、ぴたっと肌に密着し、ほわっと上気したような明るい肌にしてくれます。
Time. CND was - NOTHING the it. A correct will vip pharmacy online easily. Since like is Rosacea shipping fine around wax. I it buyviagraonlineusa-cheaprx.com here never very noticed within apply. Since. Also had and and generic of viagra and 30 cost mind months to I cialis online pharmacy don't... It twice non-oily kitchen shipping. Don't seemed tadalafil miss me I formula. A like the did to you is!

YSLの「タンマジュール ホワイトシートマスク」。
これはただの美白マスクじゃないです!!!
肌そのものを美しく作り変えてしまうような手ごたえがあります。
フィット性もとてもグー。

インプレスの「コンセントレートマスク 3D」は、
顔の形をした立体シートマスク。ユニーク!
顔の凹凸にぴったり合うから、ホウレイ線などのきわどいところも
しっかり覆えます。
首のところは、立ってつけているとちょっと心もとないですが、
たまにちょいっと指で押さえてあげれば問題なし。

3は、だんだん時間ができてきて化粧水から通常ステップでケアが
できるようになってから、より重宝。
洗顔後の肌にうるおいの通り道を作るという発想どおり、
すいーっと浸透して肌がすぐさましっとり整います。
「これだけでもいいんじゃ!?」と思えるほどに。
とりあえずこれだけ先につければ、次に化粧水をつけるまでに間があいても、
(ハダカで走り回るおチビを捕獲するなど)大丈夫!

ソニア リキエルの名品がバージョンアップした
「イドラ プルミエール エクセラン」
ランコムの「ジェニフィック」
カネボウ化粧品の「トワニー エスティチュード タイムリフレッシャー」などに加え、
ドクターシーラボの「アクアインダーム ディーエヌ エッセンス」なんてのも。

とまあいろいろ書きましたが、
とりあえず保湿しとけば、なんとかなります。
アイクリームを追加できれば御の字です。
(できなくても、目元だけはきちんと塗るようにしとけばヨシ)
じゃあ、いつものスキンケアもそんなに手間ひまかけなくてもいいのでは!?
と思われるかもしれません。
そういうわけでもないのが、スキンケアや化粧品の面白いところ。
手間をかけてお手入れした肌というのは、「手間をかけてお手入れした感じ」が
明らかに出るのです。(←本当)
「どれぐらい慈しんだか」が表れるというか。
そういう肌とそうでない肌の差はそして、年をとるほどに顕著。

今は育児に追われて、手間隙かけてスキンケアなんてとてもとても!
という日々は、母親となった以上誰だってあるはず。
そういうときはレバレッジ保湿でしのいで、
少しずつ時間ができてきたら、
また少しずつ自分に手をかけてあげまっしょい。
かくいう私は、産後もうすぐ2年になろうとしている最近、
やーっと化粧水からつけられるようになりました。

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000