パワーカフェ。

コーチングというものに興味がある近頃、
女性がきれいになっていく「直接的な」お手伝いができないかと考えている近頃、
コスメだけにとどまらず、食や健康、仕事や育児を含めた「ウェルネス的美容」を
テーマにしようと決めた近頃。
とはいえさっぱり、何から始めていいものやら、どう動いていいものやらわからず、
生来の怠けグセも手伝って相変わらずの毎日を過ごしていまして、
そんな自分に渇を入れるべく、
パーソナル・ブランディング・コーチの廣世紹瑛さんが主催する
パワーカフェに参加してみました。
廣世さんには以前、体験コーチングをお願いしたことがあるというご縁です。
場所は外苑前のステキカフェ「OVE」。

参加者は女性7名。会社経営者2名、会社員1名、自営業4名。
(うち2人が自著あり!)
自己紹介のあと、今回のテーマ「憧れの人」について話します。
人じゃなくても、職業でも、ライフスタイルでも、生き方でも人格でも、とにかく
「憧れ」がキーワード。
お題は少し前から告知されていたのですが、ハテ困りました。
尊敬している人、好きだなあと思う人は大勢いますが、
無条件に「憧れる」人っていなかったのです。
以前は「シャネル!」とか思っていましたが、伝記を読んだりいろいろするうちに、
単なる憧れとは違う存在になってきました。
でもとりあえず皆さんの話を聞いているうちに、
自分の中でのキーワードが出てきました。
それは「表現=文章化」「美」「周囲にいい影響を与える」「ユーモア」
「身の丈」「心地いい丁寧な暮らし」「軸」「本質」「自分は自分、人は人」
「いつも笑顔」「聡明」「プライド」「子ども好き(笑)」、、、
中でも「ぶれない軸があって、本質をつかむ眼力&握力があって、的確に表現できる。
そして周りにいい循環を生む」という要素は、本当に憧れる、というか欲しい要素。だわ。
と気付きましたらば、
あ、いましたいました。
おなじみマドレボニータ代表の吉岡マコさんです。
というわけで、マドレボニータのこと、マコさんのどんなところがすごいと思うのか、
話しました。といっても解析しながらなのでとてもたどたどしい。
そして、あれだけ出入りしているのに、私が思うところの彼女の魅力やマドレの本質を
自分の言葉で伝えきれないことに、あーもう!!!です。orz
でもそこは皆さん聡明で、つたない話の中から要点を引き出して、理解して、
話をさらに深めてくださいました。すごい。

みんな、7者7様の憧れる対象があって(あるいは引き出されて)、
なんとも興味深かったのですが、それ以上にピンときたのが、
「憧れる対象の憧れる要素は、自分が欲しいものか、あるいは自分にまったくないもの。
(両者は似ていて異なるもの)
そしてそれはバイオリズムやその時々の状況で変わる」ということ。
そう、憧れの人を探すということは、思いっきり自己分析です。
いなくても、探すことで今の自分が見えてくるかも。
その後、それぞれの発言をもとに、今後を宣言します。
するとなんとなく、自分の中で行動指針ができてくるから、
コーチング恐るべし・・・!

嬉しかったのは、
「好奇心を広げるときは思いっきり広げてOK。
広げることで必要なことややりたいことの核心が見えてくるし、
そしたら必要なピースを拾って組み立てていけばいい」

という廣世さんの言葉。
「アイデア段階でビジネスベースでものを考えるのは時期尚早」とも。
そんなことできるんだろか、ビジネスになるんだろうか、
てか思いついてから具体的に何も進んでない、
と悶々していたので、目ウロコです。
まず、好奇心のおもむくままに、習いごとなりセミナーなり、行ってみるか!
というわけで、勢いに乗っていくつか申し込みました。

ファシリテーターの廣世さん始め、みなさんほんとに
それぞれに個性的で魅力的で、聡明で、
いつもの私なら「あぁ場違いなところに来てしまった・・」と
軽く落ち込むところからスタートするのですが(笑
お店の雰囲気、廣世さんのほんわかふんわりした雰囲気に同調しまして、
不思議と肩肘はらずに過ごせたのでした。
(ポイントをおさえてわかりやすく話すことは、相変わらず課題ですが・・)
参加者の皆さんから刺激をびしばし受けるものの、向き合うのは自分自身。
終わったあとも、アドレナリン噴出!大興奮ゼイゼイ!っていう感じではなく、
静かに強く決心する感じ。
おもしろい連鎖が生まれそうです。

廣世さん、みなさん、ありがとうございました。

お茶は「春こい」というハーブティーをいただきました。
[caption id="attachment_306" align="alignnone" width="168" caption="お花とハーブがういたピンクのお茶。ラブリー!"]
[/caption]
なんともかわいらしいビジュアル☆
ほんのり甘くて幸せな気分になりまする。
イチゴジャム、アップルミント、ローズなどに、
ピンクペッパーでアクセント。
ハーブ類はほとんど無農薬栽培。











a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000