軽くノスタルジック。


今読んでる本。
北東北の、とあるけど、
ほとんど秋田の家庭の郷土料理のこと。
著者の堀井和子さんは、
ご両親が秋田出身なのかな。
日本中、世界中のおいしいものを知っている著者に、
秋田の料理はとびきり繊細で洗練されている
と言われるとすごく誇らしい。
北欧みたいな雰囲気の写真もいい。

その土地でしか食べられない旬のものを、
旬の時期に食べる、ということから
かけ離れてる今の生活。
猛烈リーマン的な日々を経ると、
そういう自然回帰な生活についひかれてしまうー。
だからってシャレオツ文化人気取れる
流行りの葉山には移住しないけど。

子供がいたら、ふと思い出したときに笹巻きを作れるように
作り方を教えたい、
という著者の言葉にシンパシーです。

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000