想像力と創造力と。

福島原子力発電所の事故、それにつぐ
住民避難、放射能問題、風評被害、水騒動など
一連の出来事で、誰もが、
判断や行動の基準、生きることや価値の本質を
根本から問われたのではと思います。
今まで見ても気付かぬふりをしていたこと、横目で流してきたり
考えるのを後回しにしてきたいろいろな問題を、
正面から突きつけられたと思います。
私もそのひとり。
いろいろな想いが断片的に、でも次から次へとどわっと押し寄せて
想いの渦に巻かれていますが、
自分の気持ちの整理のために、少しずつ綴ろうと思います。
 
 

まずは、原発について。
原発推進派がいうには、経済成長のためには原発が必要なんだそうです。
廃炉にするほうが、お金もかかり、危険も伴うのだそうです。
反対されるから新しい施設を作れず、ポンコツ施設を使うがために事故が起こる、
という声まであるそうです。。

私たちが今の生活を享受していられたのは、原発のおかげ。
これは認めなくては。
一方で、誰かを犠牲の上に成り立っていた、とても脆く罪深いシステムだったこと。
これも、真正面から認めなくては。
タイミングと場所が少し違えば、父が経営する会社の従業員も、父も、
原発内で作業しなくてはならなかったかもしれない。
と思うとぞっとするけれど、今まさにこの瞬間も、
そんな恐怖の中で祈る家族がいるのです。
やっぱり、それがどんなに大変だとしても、
誰かを人柱にしなくてはいけないシステムは
もうおしまいにしたい。
 

そのために、どうするか。
日本全体で、世界を巻き込んで、
代替エネルギーに切り替え、しかも「代替エネルギー→経済成長」
というしくみを作って、循環させていく必要があります。
そんな世界、まだ誰にも見たことがない。
だからこそ、想像力の出番。
エコエネルギーで地球を汚さない、人も傷つけない、
人と暮らしを守りながら、お金も流れ込んでくる。
そんな家や町やコミュニティや会社や社会のデザインを、
想像力をフル回転させてイメージしてみよう。
例えば、1軒1軒で使う電気はおのおの作ってまかなって、
余ったり足りなくなったりしたら地域で回す。
地域に1台、エコな発電所があり、そこで管理。
地域ごとのやりとりもできるようにする。
地域内でのつながりもできて一石二鳥じゃんか!とか。
発電エクササイズマシンで家の電気をまかなえば、
ダイエットになるわ成人病も減る(かもしれない)わエコだわで一石三鳥!とか。
(工場とか、大量の電力を使うところはどうしよう。…)
何かのCMで言っていたように
イメージできるものは実現できると思うのです。
 
 

そして、代替エネルギーで経済成長!? そんなのムリムリー
なんていわずに、いろいろな分野とクロスオーバーして知恵を絞りあって、
新しいしくみをクリエイトすること。
相反するもの同士、または全然共通点がなさそうなもの同士を
コラボさせて新しいものを創り、循環させるのは、
条件があればあるほどいいものを作れる(ようなイメージ)日本人にとって、
得意なんじゃなかろうか、とも思います。
 
 

原発の問題は、
反対&賛成の二元論に陥りがち、、、と
あるジャーナリストの方も言っていました。
私も、陥りがちでした。
二元論じゃなく、発想を変える。
新しい時代、新しいシステム、新しい世界を作る。
完全に脱原発は無理としても、今ある原発の危機管理を
もっともっと徹底して、日本中で監視して。
ゆくゆくは、なくして。
これだけの国難にあってもドラスティックにチェンジしないとなると
いつやるんでしょう。
まだ誰も見たことがないからこそ、想像力をひり出して
創造していかなくては。皆で。
1人1人、もう傍観者ではいられません。
 
世界とか時代とかいうと壮大すぎて、
どこから考えればいいのやら途方にくれるし、
考えれば考えるほど雲をつかむような気持ちになるけれど、
子供のことを思うと我に返ります。
子供と家族が健康に、笑顔で過ごせること、私にとっては
これがスタートで、基準になるように思います。
(友達のことばの受け売りですが、ほんとーに心から共感したので)
  
 

なんだか理屈くさい内容になってしまった。。


******
ちなみに、こんな研究結果もあるそうです。
「もし犬吠崎に風力発電所を作ったら、
今東電がまかなってる電力が全部つくれる」という報告
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jwe/32/2/63/_pdf/-char/ja/
東大と東電の共同研究。

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000