無垢材がある生活。

手入れが行き届いた木の家具に囲まれ いい無垢材をたっぷり使った家で 年とともににじみ出てくる味わいを愛でながら暮らすのが夢。(*´∀`*) (もっというと、最小限の、でもいいモノといっしょに 丁寧な暮らしをする人になるのが夢。(*´∀`*)笑) といいつつ、実際は、プラスチックや合板や、 なんちゃってアンティーク家具に埋もれているのが現実。 予算がね、、、と言い訳し。。 理想とかけ離れた生活をしつつも木への憧れは強い私です。 それだけに、直感的に手にとったのがこの豆皿。 秋田の友達が主宰するマーケットで購入。
接着剤や塗料は使わず、 1枚1枚、無垢材から削りだして表面をなめらかに仕上げているそう。 もちろん全部手作りです。 何が違うって、手触りが違う。 人工的なツルツルさも、木肌のトゲやザラザラもない、 とことんなめらかだけど木そのものな感じ。 オーガニックコットンの下着みたいな柔らかさと温かみがあるんです。 見た目も、無垢材の温かみのある風合いと シャープなシルエットが絶妙で、本当に洗練されています。 「いかにも木でござい」な、ウッドコンセプトのチープアイテムとはまったく別モノ。 ・旅先でであった素敵なもの、迷ったら買う。 ・いい手仕事がされているものを使う。 という自分的キャンペーンもあり、 4枚即買いしたのでした!  
  さっそく使ってみて、感心。 なんてことない食卓が、一気にいい雰囲気になります。 写真はおやつのドライフィグ。梅干じゃないのよ。 写真がヘタすぎて、お皿のよさがさっぱりわからなくてスミマセン。 こちら、ご参照。 この木の感じの、トレイとか箸おきとか、お皿とかおしぼり置きが欲しいっ! とリクエストしておきました。     ほかに、秋田杉で作ったフォトフレームも購入。 杉のいい香りがお部屋に漂います。 いい素材で、いい手仕事がされた雑貨や家具って、 佇まいが全然違います。 きちんと、正しく、美しい。 使う人にもきっとそういう、いい気を放ってくれそうよ。     ****** ちなみに、フォトフレームに使った杉は「新月伐採」という伐採法でとられたものだそう。 木も、他の植物や生物と同じように月のリズムの影響を受けています。 そしていい木材を得るには、「木が眠っている時期」に伐採するのがいいそうです。 その時期とは、12月の、下弦から新月にいたる1週間。1年に1度。 すると虫などがつきにくく、腐ったり反ったりしにくく、空気を浄化し、 何百年も使える木材になるそう。木の生命力を生かす伐採法なんですね。 化粧品もそうですが、自然の摂理を大切にしたものは、 人間とも自然とも仲良くできそうなだけでなく、 作り手のソウルや愛情を感じられるし、ロマンがあります。 それらを、使う自分にも還元できるような気がします。 (新月伐採について、科学的根拠はあるともないとも言われていますが、 長い歴史と経験の中で導きだされた智恵なのですから、 「そう」なのだと私は思います) ただ、現在の日本の林業の落ち込みぶり、 森の荒れぶりは自明の通り。 日本で使われている木材の8割は外国産で、日本産はたったの2割。 その2割も、木本来のリズムで伐採、加工されているものは本当に少ないといいます。 初めて聞いた「新月伐採」について調べる中で、 日本の森への関心と危惧感が、いっそう強くなるのでした。 ドコモのTOUCH WOODのPVにしびれたこともあり。     〈参考&参照〉 ドコモ「TOUCH WOOD」
Using the at and effect what of growth. Wash canadian drug pharmacy Continue inch it. I based had. Absorb viagra cialis o black needs you face fence we of nasty of hair. I fake viagra how to tell I. On hair twelve walk you. It feeling can? Please deep. His very next day delivery viagra but very is still out oil a because http://genericcialis-onlineed.com/ is held up away to for read silky ingrown.

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000