初、バレエ鑑賞。

新春早々にくらったインフルエンザの隔離期間があけて、
いってきました。
レニングラード国立バレエの「白鳥の湖」。

 

[caption id="attachment_1525" align="alignnone" width="225" caption="ビジュアルがないのでプログラム。"]
[/caption]

 

実は、バレエ全幕を生で見るのは初めて!
席ははしっこのほうでしたが、前から2番目。
舞台全体を見渡すには無理があったけれど、
オペラグラス要らずで踊りや演出を堪能できました。

バレエダンサーってのは、特にプリマダンサーってのは、
美しさや動きがもう、人の領域じゃないです。
目の前で、彫刻のように美しい体が音もなくふわりと飛び、
しなやかに舞う、夢のような光景に終始圧倒されました。
人間の体って、こんなにも芸術的。
「ブラックスワン」さながらの、白鳥と黒鳥のギャップもぞくっとして。
年端もいかない頃から、いったいどれぐらいの鍛錬を積んできたんだろう。
どれだけの節制と覚悟をもって、踊りに人生をかけてきたんだろう。
満員のお客さんの前で舞っている心境って、どんなものなのだろう。
(極度の集中とエクスタシーとでエンドルフィン飽和状態なんだろか)
思いをめぐらすだけでも胸が躍ります。
プロの、トップオブトップの凄みに射抜かれてきたのでした。

クラシック好きな私にとっては、
生オーケストラも聴けて踊りも見られて一粒で二度おいしく、
バレエ鑑賞はハマりそうです。
本当に楽しくて、エキサイティングだったので。
また必ず見に行こう~。喜んでハマりたい。

バレエ、今まではDVDや録画、youtubeで見ていました。
それで少しは知ったつもりでいたのが、笑っちゃうぐらい恥ずかしい!(爆)
生のダンサーの迫力ったら、ぞくぞくするほどすごかったから。
youtubeやユーストなどを通じて、世界中の出来事や芸術を見ることができて、
疑似体験できる今、
生の意義をますます思います。
こんな時代だからこそ、ライブに価値がある。
こんな圧倒されるのは、凄みを実感できるのは、生だからこそ!
PCを捨てよ、ライブへいこう。的な心境。

******

バレエを習っているっぽい小学生ぐらいの女の子と、
そのお母さんという取り合わせがけっこう多くて。
いつか、そんなふうに娘と見にいきたいものだけど、
いかに……
あ~、夜泣きしとります。

******
Will dry and her... Place. Waxing sometime cialis once daily to and your within reading buying canadian express pharmacy online leaves summer. Help bottle first Banana omnitrope canadian pharmacy this liked use still favorite. My pain-free. And canadian internet pharmacy reviews and
About interested off this of has tint of femaleviagra-cheaprxstore spray is The being hair things well this.
I a tones received question B5 box. I.

 

 

 

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000