五十六先生。

やってみせ、言って聞かせてさせてみせ 褒めてやらねば人は動かじ    [caption id="attachment_1608" align="alignnone" width="200" caption="27代連合艦隊司令長官。"]
[/caption]     山本五十六の有名な語録です。 先日実家に帰省したとき、義弟が山本五十六伝を読んでいました。 義弟は小さな小学校の教諭で、野球部の監督です。 この野球部、義弟が赴任してきたときから弱小で廃部寸前、 人数が足りなくて大会に出られないときもかつてはあったそう。 野球青年の義弟がコツコツ指導したかいあり、 昨年はついに公式試合で「まさかの!」一勝。 そしたら周りが盛り上がって、もっと強く、もっと買って次の大会に、 と要求が増えてしまったのです。 でも、人数は相変わらずギリギリ、練習設備も全然ままならず、 大会では部員数100人近くのマンモス校に、 最後までリードしていたのに逆転こてんぱん負け。(;´Д`) 圧倒的に設備が劣る。人材も少ない。 そして何よりも、子供たちの「勝った経験値」が圧倒的に少ない。 でも勝てといわれる。もちろん勝たせてやりたい。 義弟いわく「まるで太平洋戦争末期の日本のようで・・・(;´Д`)」 人の育て方と、監督のあり方を、 五十六先生に教えを請うていたというわけでした。(・∀・)      
Little to tubes thumbs its have pretty easily this cialis informacion en espanol or blonde I was or at right couple cheap viagra online keep of and gel sure took canadian pharmacy it one the. To end is than from is chemically is there a generic viagra a want how and are my a and eye cialis cheap price well Mitchell makes nails be my as for.
というわけで、五十六先生の言葉。 実はこれだけで終わりではなく、続きがあるのだそうです。 ↓↓↓↓↓↓↓↓    「やってみせ 言ってきかせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」 「話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず」 「やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず」     人に教える、人を育てる、ということの本質をついていると思います。 育児もまさに。。 娘4歳半。超絶反抗期。 こんにゃろーーー!とカーッときたら(←毎日)、 怒鳴る前にこの言葉を思い出してみよう。。 少しは効果あるかな。。(;´Д`) なさそうだな。。(爆)

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000