一生モノのスキルです。

洗顔セミナーを始めとしたスキンケアセミナー、 5月から定期的に開催の運びとなりました。 詳細が決まり次第、こちらのブログでもこっそり告知しちゃおう。     スキンケアの中でもなぜに「洗顔」か、について。 美容記事を作るにあたって、それはもう多くの ドクター、美容家、メーカーの研究員、セラピスト、などなど 美肌研究をする方々に、スキンケアのお話を聞いてきました。 その中で、「洗顔の大切さ」をあげない方はいませんでした。 洗顔だけで取材時間が終わってしまうときも。 実際私も、洗顔で肌が驚くほど変わった経験が。 大学1年ぐらいの頃、 ある雑誌にたまたま載っていた洗顔特集を読み、 ためしにスミからスミまで全部その通りにやってみました。 洗顔料で洗いさえすればいい、化粧水もつけさえすればいい、 ようは何をつけるかだ、と思っていたので、顔の洗い方なんて 「何ページも割いて載せることなのかどーか、見極めたろうじゃないの」 的な斜め上目線で。笑 ステップを1つ1つ写真入りで追い、すごく丁寧に教えてくれていたので、 本当にその通りにやってみました。   そしたらどう、変化はものの3日でわかりました。 上につけるものは何も変えていないし、洗顔料はドラッグストアの特売で買ったもの。 なのに、肌がふわっふわに柔らかくなって、 メイクののりがよくて、透けるような白肌(当社比)になったわけです。 友達も褒めてくれました。 これには、ほんとーうに衝撃でした。 いろんなウロコが目から落ちました。 雑誌に載っている美容情報ってものすごく意味があること (基本、ファッションページしか読まなかった) スキンケアも、何を使うかではなくどう使うかなんだということ 中でも特に洗顔は、肌の未来を左右する最たるものだということ を、身に沁みて実感しました。 だって短期間であれほど劇的に変わったから。 このことがきっかけで、もともとファッションが大好きだったのだけど、 スキンケアやメイクに興味が出て、齋藤薫さんという存在も知り、 奥深い美容の世界を少しずつ追い始めたわけでした。 今思うと、これが私の美容ライター道の出発点だったように思います。     そんなわけで、洗顔への思いいれは人一倍強く、 雑誌での洗顔特集にもかなり力を入れてきていたのです。 つけるものを何一つ変えなくても、正しい洗顔をするだけで 肌はほんとうによくなることを伝えたくて。 1人でも多くの人に正しい洗い方をしてほしくて。 翻って、職業柄、知り合いに美容相談を受けることも多々。 使っている化粧品や具体的なお手入れ法をうかがってみると、 化粧品選びには皆さんこだわっているんだけど、 洗顔があまりにも適当というか粗雑というか乱暴というか、、、 無意識に、手足を洗うようにガシガシ洗っている人がほとんどでした。 (うう、あんなに力を入れて、何誌でも何度も洗顔特集を作ってきたのに、、、) たまたま雑誌で特集を見つけたり、 気心知れた美容部員さんやセラピストさんがいて教えてもらったり、 そんな機会がなければ、
洗顔って教わる機会が本当に少ないし、友達のやり方を見ることもないし、 無意識な洗い方、自己流の洗い方になってしまうのも無理はないのです。   でもでも、繰り返すけれど、洗顔こそ肌の未来を左右する 最初にして最重大ステップ。 正しい洗顔法は、本当に、一生モノのスキルなんです。   洗顔セミナーはまだ始まったばかりだけれど、 1人でも多くの女性にこのことが伝わって、 習慣づけてもらえればいいなと思います。 肌が変わると表情が変わる、表情が変わると……(巡り巡って) 自分も周りも幸せになる!という おなじみの美の連鎖が、1人でも多くの女性に起こるといいなと思います。   そんなわけで洗顔セミナー、 依頼があったらどこでも飛んでいく所存です。 精進します。          これは書かねば!と思っていた洗顔&クレンジング。 ひとまず、発表会の写真。 [caption id="attachment_1708" align="alignnone" width="225" caption="シュウの最高峰クレンジング。"]
[/caption]     [caption id="attachment_1709" align="alignnone" width="225" caption="ソフィーナのモッチリ泡洗顔。"]
[/caption]     [caption id="attachment_1710" align="alignnone" width="300" caption="スゴ洗浄技術「SPT」をビオレに!"]
[/caption]

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000