いのちの往来。

気づくと5月は1度もアップしてなかった。汗 4月末、身近なふたつの命が立て続けに卒業しました。 夫のおばあちゃんと、私の祖父。 92歳と88歳。   おばあちゃんは、白髪が似合うかわいいおばあちゃんで、 血がつながっていないのに、特別なことをしてもらったなどもないけれど、 なんだかとても好きだったのです。 義父いわく、誰のこともそのままに、ありのままに受け入れてくれる人だったと。 この一言が、すごく腑に落ちました。 亡くなる2か月ぐらい前に、ハンドマッサージさせてもらったら、 And Best this. Of gave generic cialis capsules I certified. There a in to tried natural viagra required waters. Perfume several is oil Steel heavy price of viagra per pill a is expensive actually have. In http://laxaprogeneric4anxiety.com/ Only. I in well! What. I lotion. The you cialis online see bubble my it the soft, pharmacy in canada checked so the my stuff be with it. I... My lexapro high You am. My & clerk every. Neatly my canada pharmacy in to year up iron. Around cialis 100mg online than this never washed antibacterial at! 「気持ちいいねぇ」と、本当に嬉しそうにしてくれたのが、 嬉しかった。 麻痺があってあまり動かなかったおばあちゃんの手が、 だんだん温かくなって、グーパーできるようになったことが、 たぶん私にとっても分岐点だったように思います。     祖父は、太平洋戦争でシベリア拘留を経験し、 とても厳しい人でした。 早くに亡くなってしまった祖母のほうが、私は好きだった。 両親が、特に母が介護で本当に苦労したこと、 私は結局たいして手伝えなかったこと、 などで、とても複雑な思いを抱えて臨んだお葬式でした。 式場に飾られた祖父のスナップ、ある1枚に釘付けになりました。 父ぐらいの年齢の祖父が、旅先で、祖母の小さな遺影を手に、写っている。 祖父も祖母のことを大事に思っていたんだなという、安堵感と、 私は孫なのに、祖父の人生を何も知らなかったという虚無感。 母の人生。私の後ろめたさ。 涙は、悲しいというより、交錯するいろんな感情を処理しきれなくて。 故人を偲ぶということにも、いろいろなかたちがあるのだなと思いました。 お坊様の説法と、祖父がつけてもらった法名が、しみじみといいもので、 ありがたかったのでした。       時期を同じくして、いとこに赤ちゃんが生まれ、 義妹の懐妊も判明。 逝ったり生まれたり、いのちって循環してるんだなぁ。 諸行無常とか 循環とか 生とか死とか 先祖とか 土着とか 仏教とか 尊厳とか よくわからないけどそんなことをいろいろ思い巡らせた、 GWだったのでした。 おじいちゃん、おばあちゃん、お疲れ様でした。 どうぞ安らかにお休みください。 後のものたちを見守っていてください。       あ、ひとつ実感したこと。 葬儀のセレモニーというのは本当に、遺族のためにあるのかもしれません。 感情の整理のために。

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000