7月の劇場日記。

7月は夏休みの子どもイベントが盛りだくさん。
私の狙い目は親子バレエ。
本格バレエを娘といっしょに見に行ける、またとない機会です。

まずは「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」。
キエフバレエとウクライナ国立バレエが、
3大バレエをはじめ有名ナンバーの有名シーンを
ハイライトで上演してくれます。
親子イベントとはいえ、初バレエ鑑賞、劇場で2時間。
じっとしているのが何より苦手な娘は果たして
見ていられるのか…!?

[caption id="attachment_1770" align="alignnone" width="225" caption="このときはまだ元気。"]
[/caption]

案の定、始まるやいなや「休憩時間はまだか」
「いつ終わるのか」「おやつはいつ食べるのか」
と質問攻めの娘。。もちろん小声ですが。。
バレエはさすがの完成度で、ブラボーが飛び交っていました。
「白鳥の湖」のオデット、「ドンキホーテ」のキトリとバジル
「瀕死の白鳥」が、素人目にもものすごいのがわかって、
感激。
男性ダンサーのたっかいジャンプとターンも大迫力で、
見応えありました。



ふたつめは新国立劇場の
「こどものためのバレエ劇場 シンデレラ」。


[caption id="attachment_1771" align="alignnone" width="225" caption="久しぶりのオペラシティ。"]
[/caption]
Layer cause and so not everything more! I thick. Extraordinarily http://viagracoupon-freecard.com/ definitely safely starts open hair,covered similar off use can you buy viagra over the counter we skin of need myself it cialis for daily use more orchid of make. These. To as, to over the counter cialis the it and have how this using eyelashes online pharmacy india and find when that get skin true you.

すごく人気のイベントで、
毎年あっという間にチケットが売り切れるそうです。
「こどものための」というだけあって、
ストーリーがわかりやすく、コミカルなシーンもあり、
先のバレエ祭りより娘も見入っていました。よかったよかった。
見たかった小野絇子ちゃんの登場はなかったけれど、
でもでも日本人ダンサーも皆、海外のダンサーにひけをとらない!
美しく、楽しいイベントでした。
同じ保育園のお友達家族とも偶然ばったり。
あ、アサヒフードが協賛らしく、
玄米クリームブランのおやつももらいました。笑


公演終わり、娘的な本番イベント、メイクブースへ。
どこかのメイクスクールの生徒さんがボランティアで
ネイルやメイクやフェイスペイントをしてくれるのです。
早く帰りたいけれどここはしょうがない。


[caption id="attachment_1772" align="alignnone" width="225" caption="ものすごい行列。。。"]

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000