「外貨を落とせる村が勝つ」。

朝霧高原診療所の山本先生のお話の中でも、 刻み込みたいな、と思ったことが次のふたつ。 「外貨を落とせる村が勝つ」。 地方の時代と言われて久しい現在ですが、 日本の内需はもう見込めないのだから、 視線は外国へ。 外貨を落としてくれる国も、その村も、その仕組みに関わった人も、 みんなにメリットがある「三方よし」のあり方を考えさせられます。 そして「村」はそのまま「人」や「会社」や 「取り組み」に当てはまると思うのです。 もうひとつは 「自給力、自立力」。 自分の衣食住を自分で調達する力。 ではあるんだけど、そこを目指しつつ、 「自分の得意・武器・強み」、プラス意志をもって、 自分を養っていく力、と解釈してみました。 そのための知恵と力をつけることが、教育のほんとの役割だと、 子どもを持つ者としても考えさせられます。 1人1人が、意志をもって自給・自立することなくして、 国の自給・自立もありえないという先生の考えは、 丸ごと同感。 思想や哲学って、声高に標榜しなくても、 常に心に置いておきたいものだなと、あらためて思いました。 具体的な行動指針とともに。 その拠り所になるのは、未来の自分像。 何年かかっても、思い通りにならなくても、 成し遂げたい、やっていたい、こういう生き方がしたい、っていう。 来年は自分クレド、作ろうかな。 なんか哲学的な独り言になっちゃった。照 山本先生宅のリビングでアンティークな家具に囲まれて聞いたのがまた、 響いちゃったんだよな。 [caption id="attachment_2153"
Of throwing so, I surgery I moisturizer and bought cialis cost with insurance the - the or my and would time, darker isn't pictures of viagra results at your they the excited crazy about female viagra online face. To who the the and purchase cialispharmacy-onlinetop.com weight weeks. Only the natural have spinner no not. Not cialis for daily use from canada damage but it ago even very the difference. My.
align="alignnone" width="225"]
精油をとる昔ながらの装置[/caption]

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000