日本の統合医療、その場所。その1

植物療法のスクールの先生や仲間たちと、 富士山の麓は朝霧高原へ。 cialis vs viagra スクールに講義に来てくれた、山本竜隆先生の診療所を見学してきました! 山本先生は、統合医療の父、アンドルー・ワイル氏に日本人で最初に師事し、 現在は朝霧の地で地域医療に従事しながら統合医療を実践している、 日本での統合医療の草分け的先生。 sildenafiloverthe-counter 講義に心を揺さぶられ、先生のもっと近くで話を聞きたい、 その現場をみたい!と弾丸ツアーを決行したのでした。 [caption id="attachment_2107" buy sildenafil citrate 100mg tab align="alignnone" width="225"]
朝霧高原診療所。
隣に薬局と治療院が。[/caption] [caption id="attachment_2090" align="alignnone" width="225"]
診療室にて、山本竜隆先生。[/caption]
mexico pharmacy 山本先生が私財を投入して5年前にできた診療所は、 木と畳がふんだんに使われていて、暖をとるのは薪ストーブ。 自然光が差し込むヨガスタジオがあったり、 季節の植物や陶器が飾られていたり、 先生の志が感じられる空間です。 [caption id="attachment_2091" align="alignnone" width="225"]
ヨガや吹き矢をするスタジオ。[/caption] 地域のお医者様として、 一般的な西洋医療と、アロマトリートメントや漢方、鍼灸などを 症状や生活スタイルに合わせて提案します。 診療所のとなりには、薬局と、鍼灸などの治療院が。 ごく普通に、医療と代替療法を組み合わせて提案してくださるのです。 先生いわく「医師として診るときだけでなく、地域のいち住人として診るときも多い」 そうで、診療時間外でも先生を頼って電話がなります。 勤務はまさに24時間。 http://cialisfromcanada-onlinerx.com/ そのぶんお願いしなくても近所の方が診療所の前を como usar el viagra 雪よせしてくださったりするそうで、 リアルにドクターコトーの世界。 続く。

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000