妊娠初期のフィトテラピー、自分ガイドライン。

薬が飲めない妊娠期間は、フィトテラピーの生かしどき。 とはいえ、妊婦さんにはNGなハーブ・精油も多いので、 ちょっと気をつけないといけません。 mexico pharmacy ちなみに私が通ったルボアのテキストによると、 妊娠中におすすめのフィトテラピーはざっくり次のようなもの。 トリートメント(妊娠初期は行わない) ジンジャー、マジョラム、サイプレス、レモン、ラベンダー、ネロリ、など。 冷えとか妊娠線予防とか、リクエストに応じてこれらをブレンド。 ハーブティー ラズベリーリーフ、メリッサ、ジンジャー、ネトル、ペパーミント、 mexican online pharmacy ローズヒップ、ルイボス、エルダーフラワー、ジャーマンカモミール、など。 でも、ハーブの団体やハーバリストによってよしとされる植物は違うし、 妊娠中のいつからならOK、という線引きも違います。 例えば、ジャーマンカモミールティーと流産・早産が関係している可能性が 最近指摘されているように、新しい知見も出てきています。 ハーブティーのサイトなどでは「お医者さんに相談を」とあることが多いのですが、 相談したらまず間違いなく「心配ならやめれば」と言われるでしょう。 というわけで私は、次のような自分ガイドラインを設定。 ・精油に関して、 トリートメントはセラピストの知見にまかせる。 自分でやる分には、 好きなゼラニウムやラベンダー、ローズウッド、サンダルウッド、カルダモンの あたりは幸い妊娠中もOKなようなので(「精油の安全性ガイド」より)、 フットマッサージなどに使ってみようかな。 日本で売られているボディオイルやボディ乳液は、 「妊娠中は〜」の断りがない限り大丈夫だと思います。 芳香浴なら、好きな香りならなんでもOK。 妊娠中禁忌といっても、たいていの禁忌精油はNGなのは「飲用」 。 外用ならOKというものも多いし、 香りを嗅ぐぐらいならなんの問題もなし、と私は結論。 実際、シトロネラやローズマリーの香りはつわりのムカムカを pastilla cialis para que sirve さっぱりさせてくれました。 ・ハーブティーは、 信頼するお店のマタニティのもの。 ネトル、ラズベリーリーフ、ジンジャー、 ローズヒップ&ハイビスカス、エルダーフラワー、 ジャーマンカモミールのあたりを適当に。 というか普通に、好きでよく飲むハーブです。 ラズベリーリーフは子宮を収縮させるため、 viagra 25mg online 妊娠初期は避けると書いているものもありますが、 漢方みたいに煎じたものを毎日何トンも飲まない限り、 まあ大丈夫でしょう。 ラズベリーリーフとネトルに、ステビアをちょっぴり加えた ハーブティーが大好きなんです!!! つまり、あんまり気にしないってことです。笑 ジャーマンカモミールは、 流産との関係性を最近指摘されているので、 ちょうど切らしてしまったのですが追加購入を見合わせていました。 でもつわりが苦しいときでもおいしく飲めるし、 やっぱりムカムカを整えてくれる気がします。 早く研究が進んで、はっきりしたことがわかるといいなあ。 ま、ハーブティーとして飲む分には問題ないでしょうけど。。 そんなわけで、今取り入れているフィトテラピーも 追って紹介していこうと思います☆

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000