グリーンスムージー再開。

暖かくなってきて、つわりも終わって、
無性に飲みたくなったグリーンスムージー。
再開しました。





小松菜4株、リンゴ1/2個、オレンジ1個、キウイ1個、水200cc。
これでだいたい3杯分ができます。
久しぶりのスムージー、朝の空きっ腹においしくておいしくて!!!!
バナナを入れなかったので、ほどよい酸味でさっぱりです。


[caption id="attachment_2502" align="alignnone" width="225"]
娘もご満悦。[/caption]

娘、去年はほとんど飲まなかったのに、
「おいしーね!」と1杯全部飲めて驚きました。
(嗚呼、年長さん!)


グリーンスムージーは、ほんと元気が出る気がします。
今朝も小雨の中、いつもは車で行くパン屋に自転車で行って、
朝食を買ってきたという!
(私はスムージーだけだと全然足りないので、パンかミニおにぎりを食べます)
酵素なのかなんなのか、ビタミンと食物繊維とフィトケミカルなのか、
メカニズムのほどはわからないけれど、
緑の葉っぱとフルーツの力に改めて感動です。



*******

酵素について。
体内の酵素は何千もあるけれど、中でも多いのが
消化酵素と代謝酵素。それぞれ消化と代謝に関わる酵素です。
また、食物にも酵素が含まれていて、それを食物酵素といいます。
一時期、食物酵素をたくさん摂ると消化酵素が節約されて、
そのぶん代謝にまわせるから太りにくい、と言われて
酵素が大絶賛されましたが、この説は有識者から批判もされています。
消化のメインは腸。だけどそこに至るまで胃で強酸性にさらされ、
温度も上がり(酵素は温度や酸に弱い)
腸では食物酵素自体もアミノ酸に分解されて酵素の働きをしない、
というのがその説。
うむ、確かに。
でも消化酵素は唾液にも胃液にもあるし、
腸でタンパク質がアミノ酸に分解される前までの段階では、
消化酵素の役割を果たすのでは?とも思います。
食物自体が自己消化されている、的なイメージ。
ローフードに精通する知人いわく、ローフードの世界では、
「確かに、タンパク質でできている酵素はアミノ酸に分解されるけれど、
でも分解されずに消化酵素のように働くものもけっこうあると見ている」
のだそうです。
「けっこう」がどのぐらいなのかは、残念ながら解明されていません。
でも、ローフードやグリーンスムージーで体調が整った人が多いのは確か。
メカニズムはさておき、身体の調子がいいのなら、身体が喜んでいるのなら、
それはなんらかのいい作用があって、取り入れる価値があると思うのです。
食べ物も、身体の感覚がいちばん大事。

********






a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000