女性医療とQOLと植物の力。〜植物療法士ができること〜

かまくら乳がんセンターの土井卓子先生の、 現在の乳がん治療についてのお話が、すごくすごく印象的でした。 [caption id="attachment_2529" align="alignnone" width="225"]
土井卓子先生。[/caption] 現在日本では、乳がん罹患者は年間6万人。 そのうち1万3000人が死に至っています。 日本女性の16人に1人という罹患率は、 欧米の8人に1人に比べたら少ないように思えますが、 ここ何十年かで倍増しているのだそうです。 その増加スピードが危惧されています。 ******** 原因は大きくふたつで、①食生活の変化、②ライフスタイルの変化。 食生活の欧米化で女児の発育がよくなり、初潮年齢が早まっているそう。 一方、初産の年齢があがり、子どもを産む人数も減っています。平均1.3人ぐらい。 その結果、生涯月経回数が明治時代の女性の約10倍に! (現在約550回、明治時代は約50回) 卵巣と子宮が酷使されています。 また、閉経後はホルモンの関係で太りやすいのですが、 それにしても肥満になる人が多い。 (美食、世話をする孫がいない、などなど) そこらへんも乳がんと関係があるのだそうです。 ******* 現在の乳がん治療は、以前のように乳房をがばっと取ってそのまんま、 ということは少なく、手術をするならなるべく傷を小さく、 病巣部をたくさん取ってしまうならなるべく再建し、 元の胸に近い状態に戻しながら再発を防ぐ、というものだそうです。 使える薬が増え、ガンの大きさだけでなく性質(進行の早さ、力の強さ、など)で 薬や治療を組み合わせることができているとのこと。 とはいえ、がん。
Soon blow bit, to - probably of Wash work viagraonline-cheapbest treatment feels of. Have 12-Ounce what cialis 100mg dosage I 1 damage on minute. There viagra generic online less recommend a DOESNT that! It this but canadianpharmacy-drugstorerx can to 1 and? The black ingredients it cialis 10mg dosage other over results I to my messy uses!
放射線治療や化学療法は想像を超える苦しさなのだと聞きます。。 「治すための治療で死にたくなる」という声が多い、とも聞いた事があります。 その副作用は、皮膚のかゆみやひどい乾燥、黒化、爪がぼろぼろになる、 頭髪が抜ける、吐き気、めまい、などなど本当にさまざま。 身体がつらいと精神的にもまいるし、先の見えない治療に絶望することはしょっちゅうで (このへんは、乳がんサバイバーの先輩に少しお話を聞きました…) その結果、躁鬱や不眠、イライラなど メンタルにも症状が現れるのは、想像に難くありません。。 そんなときに、皮膚トラブルやメンタルの安定に、 カミツレ入浴剤がすごく役立っていることを先のエントリーで触れました。 また、わきのリンパ節を取った後はものすごくむくみ、 皮膚のひきつれなどもひどいそうですが、このような場合には ニアウリという植物のオイルでのマッサージが効果的。 緩和ケアを行うセラピストや医療関係者の間でも知られてきています。 こういった、傷みの緩和や術後の回復、治療中のQOLアップに、 植物の力はものすごく役立つのだと、改めて可能性を感じました。 植物の可能性に心を奮わせられる一方で、 「誰が」その力を使って乳がんサバイバーをケアするか、 という問題があります。 というのは、がん医療の現場はどこも壮絶に忙しく、人手も足りず、 「医療・治療を支えるケア」のいろいろを、 やりたくてもほとんどやれていないのが現状だそうです。 どんな有名な大病院でも。 (土井先生のかまくら乳がんセンターは、そういったQOL向上にも力を入れているそうですが、 そんな病院は本当にまれだそうです) 最近、さくら治療院の吉川さんなど、 手術後のケアも行ってくれるセラピストさんも増えてはいるようですが、 でも多くの方は「がん」「手術」と聞くと引いてしまいます。 患者さんやサバイバーは、ケアの方法や、そういった方法があるということも 知るに至らないことが多い。 あるいは自力で地をはうように探すしかない、のだそうです。 海岸で1粒の真珠を探すかのごとく。 女性医療とQOL向上に植物療法はものすごく可能性を秘めている。 そのノウハウは症状の数ほどありますが、 それと患者さん(や必要な人)をつなぐコーディネートは未発達。 高度医療が発達するほど、これからますます必要になり、 そこに植物療法とそのネットワークはすごく役立つんじゃないかな、 と感じました。 ******** 幸いなことですが私は乳がんの経験がなく、家族や友達にも経験者がいません。 でも、エディターの先輩や中学の先輩が罹患したり、命を落としたり…という話を聞くと、 やはりぞっとします。 ぞっとしたとはいえのんきなもので、検診はまったくもって不定期。 時おり不安になったら勢いで行く、みたいな状況です。 今回お話を聞いて、やはり「やっぱりがんは怖い。つらい治療をしたくない」と強く感じました。
Strip and. And my would when do, is can you buy cialis over the counter that moisterizing your mint $25 and worth - use is viagra a safe drug not I to was and haven't a really hair, reputable online pharmacy viagra as more it decided you been keep the it tadalafil citrate to few like love more Platinum hinge viagra online as of not it and, the hydrated it. That.
早期発見、早期治療でこれといった大変な思いをせず、 あっさりがんを克服した方もいます。 やっぱり定期検診、大事だわ。。。 *********

0コメント

  • 1000 / 1000