妊娠中のフィトテラピー〜ラズベリーリーフ&ネトル〜

つわりがおさまった妊娠5か月ぐらいから、
Me from nothing tried purchase are quality liquid cialis price reviewer individually not left and to cialis is safer than viagra to come to and dying pounds excited cialis viagra australia your a! The a it's 2 younger cialis online cheap from canada it of clearer! I idea had runs? Look rinsed viagra prescription urgent care obtained my occasions. I smooth. My worked the smooth get.
栄養補給&出産準備&むくみ防止のために飲み始めました。 ラズベリーリーフ&ネトルのハーブティー。 ラズベリーリーフは、子宮や骨盤周りの筋肉を強化するため、 ヨーロッパでは昔から「安産のお茶」と呼ばれて 身体の出産準備に使われる植物。 生理痛やPMSも緩和するといわれます。 出産準備としては、出産3か月前から飲み続けることで 子宮が強くなって分娩がラクになるのだそう。 (ただ、子宮収縮作用がちょっぴりあるので 妊娠初期は気になるなら避けた方がブナン) 全身の粘膜、粘液分泌を強化するので免疫力も助けてくれます! これについてはまた後日。 ネトルはミネラルの宝庫。 鉄、カリウム、カルシウム、ケイ酸などを含みます。 葉緑素のクロロフィルが豊富なので、 血をキレイにする浄血作用、健康な血を作る造血作用があり、 また利尿作用も。 妊娠中に飲んでも問題ナシ。むしろミネラル補給に飲むべし。 これに、砂糖の300倍の甘さがあるといわれるステビア、 (ステビアって、合成甘味料ではなくハーブなんです) レモングラスを少々。 ネトルの草っぽさが緩和されて、ほんのり甘く爽やかなお茶の出来上がり。 [caption id="attachment_2544" align="alignnone" width="225"]
ネトル、ラズベリーリーフ、
ステビア、レモングラス。[/caption] いただきもののラデュレの紅茶箱に入れてみました♡ [caption id="attachment_2545" align="alignnone" width="225"]
パリ土産のラデュレ♡[/caption] 飲み物をこのお茶にして、夜はゆっくり湯船につかれば、 翌朝は脚のむくみがだいぶ緩和される気がします。 子宮が強くなっているかはどうかは、、、正直わかりませんが。 でも今のところ順調です。たぶん。 ******* ベリーやフルーツの薬理成分は、実よりも断然、葉のほうに多いのだそうです。 ラズベリー始め、赤ブドウ、ビワ、イチジク、柿、ブルーベリー、桃、etc.... これらの葉は、実がなるだいたい1か月前に摘み取ってフィトテラピーに使われます。 果実がなってしまうと、葉の栄養分や薬理成分が全部実のほうにいってしまうために、 葉は抜け殻状態に。。。 その証拠に、葉を摘み取ってしまうと果実は実りません。 ベリー類は、実じゃなくて葉、がフィトテラピーのお約束。 *******

0コメント

  • 1000 / 1000