カミツレの里へ。その2

標高800メートルの高地で、
野山を切り開いて作ったカミツレの自社農園。
バスを降り立つと、澄んだ空気の中にふわあっとカミツレの香りが!!!
これから工場見学&お勉強タイムというのに、
一気にリラックスモードに。


[caption id="attachment_2708" align="alignnone" width="225"]
カミツレ自社農園。
うち4500坪が有機JAS認定。[/caption]

4万坪を越える総敷地面積のうち、
6000坪がカミツレ畑。うち4500坪が有機JAS認定を受けています。
種まきやお手入れや収穫は、
池田町のおじいちゃんおばあちゃんたち「シルバーさん」に協力してもらって。
また、30軒ほどの契約農家さんにも有機カミツレをつくってもらっているそう。
農薬を使わないのはもちろん、有機堆肥も自社作、
そして自家採種で、循環型有機農業を行っています。


8月下旬〜秋口に種をまき、翌年6月に満開になるカミツレ。
でも今年は特に気候も気温も不安定で、
(春先には、1日の気温差が25℃もあったり、
桜が満開になったあとに雪が積もったりしたそう)
カミツレは厳しい環境に強いとはいえ、
育ちっぷりがちょっと不安定だそう。。
有機農業の一番の難しい点。


さてさて、カミツレエキス工場へ。
エキスづくりの行程はざっくり次のような感じ。
①収穫したカミツレを天日干しで乾燥。原料検査。
②安曇野の天然水とサトウキビ由来の発酵エタノールに浸して熟成。
③濾過してエキスを抽出。
④③にまた新しいカミツレを加え、さらに熟成&濾過。
原料からエキスができるまでは約1か月。
もちろん保存料、着色料のたぐいは一切使いません。


[caption id="attachment_2712" align="alignnone" width="300"]
製造工程。[/caption]

[caption id="attachment_2713" align="alignnone" width="225"]
ちょうど、熟成させたカミツレを濾過するところ。[/caption]

[caption id="attachment_2714" align="alignnone" width="225"]
できたて![/caption]

[caption id="attachment_2715" align="alignnone" width="225"]
カモミールエキスを漬け込んでいるタンク。1つでレギュラー入浴剤400本分![/caption]
それぞれのタンクに、製造年月日や製造環境の記録はもちろん、
生産者の名前、どういう状態の原料、またはどの契約農家さんからの原料を
どのようにブレンドしたかまで記載。
(自然のものなので原料に差や特徴が出てしまうのはしょうがなく、
それを一定の品質にするためにブレンドして調整するのだそう)
品質管理、トレーサビリティが徹底されてます。


華密恋のカミツレエキスが一般的なカミツレエキスと大きく違う点は、2つ。
花だけでなく茎も葉も、草全体を使うこと(全草抽出)と、
全行程を非加熱で行うことです。
どちらもカミツレの薬効を最大に引き出すための知恵で、
もちろん手間も時間もかかりますが、
そのぶん薬理成分の含有量は郡を抜いているのだそう。
カミツレの全草抽出、非加熱抽出の技術は、特許も取得し、
この製法を行っているところは、国内ではここだけとのこと!


[caption id="attachment_2717" align="alignnone" width="225"]
エキスをボトルに充填。[/caption]
エキスをボトルに詰めれば、
おなじみのカミツレ入浴剤が完成です!
(カミツレ入浴剤は、つまりはカミツレエキス原液)


このカミツレ入浴剤、医薬部外品の認可を受けています。
化粧品の仕事をしている私たちは「どんな効果で認可を得たか」は
必ず把握したいところ。
(例えば「しみソバカスを防ぐ」「肌あれを改善する」などなど、いろいろあるのです)
カミツレ入浴剤に関しては、
ラベルに表記されている効能全部で認可を得ているそうです!
(そもそも認可を得ないと「こんな効能あります」と書けない)

[caption id="attachment_2718" align="alignnone" width="225"]
効能部分に注目!
これら全部が、厚労省から認められました。[/caption]



ちなみに華密恋がやっている宿泊施設「八寿恵荘」のお風呂は、
カミツレエキスが一般使用の約10倍濃度で入っています。
ブラボー!

[caption id="attachment_2722" align="alignnone" width="225"]
のれんも華密恋。[/caption]

続く。












a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000