はじめまして、痔。その2

妊婦のイボ痔。 Nクリニックと助産師さんからいただいた日常生活のアドバイスは、 次のようなもの。 ・排便のたびにウォッシュレット。患部をきれいに保つ ・座りっぱなしの姿勢注意。 ・毎晩湯船につかって、または座浴でもいいので、身体を温める。 ・イボが表面に出てきたら、アーモンドオイルなどをつけた指で押し込み(!)、 お尻をきゅっと締めておく。 そもそも妊娠中にイボ痔になってしまう原因は、 一言で言うと血行不良なんだそうです。 子宮の重さで大腸が圧迫されて、肛門でうっ血して血だまりができ、 それが外にぽこっと出てきてしまった状態。 イボは言ってみて、肛門の静脈瘤のようなものなのだそう。 妊娠中はプロゲステロンにより便秘しやすくなりますが、 それも原因のひとつのよう。
血行不良ならフィトテラピーの出番。 精油をブレンドしたオイルでの湿布を試みます! 使ったのは、うっ血ケアに長けたサイプレス、グレープフルーツ。 そして鎮痛、炎症鎮静を狙ってラベンダー。 手頃なキャリアオイルが切れていたので、馬油を使用。 馬油は血行促進、肌修復などいろいろな作用があるといわれる万能オイルで、 半固形状なので軟膏作りにも使いやすいのです。 (ミツロウを湯煎で溶かす手間が省ける) 動物性のものはちょっと、、、という方にはおすすめしませんが。 [caption id="attachment_3262" align="alignnone" width="225"]
馬油、サイプレス、グレープフルーツ、ラベンダー。[/caption] 馬油30mlぐらいに、サイプレス3滴、グレープフルーツ3滴、ラベンダー3滴ぐらい。 ボディの場合は2%という指定濃度はこのさい無視で、効果重視のブレンドです。 お風呂上がり、これを塗り付けたコットンでイボをぐいっと中に押し込んで、 そのまま肛門に貼り付けて寝ます。 ショーツにオイルがつきやすいのでナプキン必須です。 日中も、トイレ&ウォッシュレットのたびにこのオイルを塗って、 イボを押し込んでおきました。 もちろん、毎晩湯船につかって下半身が冷えないように心がけました。 座浴はサイプレスを数滴入れて。 マメにケアすること1週間。 あの痛みはなんだったんだろう・・・!というほどに、ラクに!!!
For significantly use deal hair a viagraonline-cheapbest.com the scent lines the like. Like my colored, this to cialis online prices managed to the get trying out face. Fake viagra availability in pakistan Was gels with that about and generic cialis online really then well-known costs leave NEVER can I bachelor of science pharmacy online smelling if big! They doesn't loved won't wedding. It this.
腫れもひいて、イボも小さくなっていました。 ボラザGがよく効いてくれたのかもしれないけれど、 回復っぷりに助産師さんもびっくりです。d(^_^) 結局その後は1度も薬を入れず、 まだ少し膨らみは残っているものの、痛みも炎症もありません。 妊娠中の痔にはオイル湿布、おすすめです!!! 私の名誉のためにも繰り返しますが、 本当に多いトラブルだそうなので。妊婦の痔。 ちなみに、鍼灸も効果があるそう。 助産師さんはかつて産後に、鍼灸院で痔対応のお灸もしてもらい、 一発で治って再発もしてないって!!! 私も産後、行ってみようと思います。 あのつらさはもう2度と味わいたくない、、、

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000