産み場所を探す。その1

19週になってようやく、産院探しを始めまして。
自宅出産はそれはそれはラクだったし、家族も私もいい経験ができました。
でも産後入院ができないのはなかなかしんどい。
赤ちゃん以外のチビが2人になると、なおのこと。
知人は、3人目を自宅出産したけれど、いわく「逃げるように産後入院した」そうで・・・。
家で産んで助産院で産後入院、という方法も考えましたが、
この際なら最初から助産院へ、と結論。

ほかの候補は、日赤医療センターと里帰り。
里帰りについて、なんせ予定日は1月末。
実家の秋田は1年でいちばん寒くてきつい時期です。
ただでさえ冬の帰省のたびに大風邪をくらうし、
もともと住んでいる人ならまだしも、2か月足らずで体が慣れるとも思えないし、
車の運転なぞ決してさせてもらえず軟禁状態になるのは目に見えています。笑
下の子を連れていくにしても置いて行くにしても、
産前2か月と産後1ヶ月の合計3か月、誰が1日中お世話をするんだい?という事情も。
(もろもろの事情で両親に子守りまでは頼めないので)
というわけで里帰りはナシ。

日赤は、2人目のときのポイント検診でお世話になり、
ドクターや助産師さんは腕も気持ちもいいプロフェッショナル!と感心しましたし、
病院内はホテルのようにキレイで快適。
多少待ち時間がかかるけれど、早めに受付して、待合室でやることも決めていけば、
そんなに苦じゃありません。
なにせ、家から車で10分ちょいとご近所。
日赤かなあ、、、でもでも、おそらく最後となるお産だし、
好みを優先したい、でもでも病院でのお産もしてみたい、と未練たらたらですが。笑



先日は、世田谷区の「アクアバースハウス」の説明会に行ってきました。
結論からいうと、ここにお願いしようかと思っています。
まず、こんにちはーと玄関を開けたときの雰囲気がすごくよかったのです。
対応してくれた助産師さんもほがらかで丁寧で、
初めての場所なのにすぐにリラックスできたのでした。
院長先生の懐の大きい感じにも、「ここで産みたいな」と直感的に感じたのです。


続く。




a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000