産み場所を探す。その2

アクアバースハウスの説明会に参加したのは4人のママさん。 なんと、うち3人が3人目出産予定。1人が2人目。 自己紹介のあと、院長先生のお話。 アクアバースハウスの理念から、 どんなサポートをどんなふうにしているか、 出産のための体と心と環境の準備、 提携病院でのポイント検診、 入院費用や外来費用、その他諸費用と支払法について、 お話してくださいました。 理念がね、すごく共感するのですよ。 以下、パンフレットより抜粋。 1 お産は自然な営みと捉えています。 2 母と子、家族の絆を大切にします。 3 主体的なお産と向き合うために、心と体の準備を支援します。 4 母乳育児を推進します。 5 自分らしい“子産み”、子育てを応援します。 6 妊産婦さんを中心に、地域医療・保健・福祉の関係者と良好な連携を築いていきます。 家族の絆について。 産褥入院中は、ご主人や上の子たちも泊まれます。 (泊まれるお部屋に限りがありますが) 生まれたての赤ちゃんといっしょに過ごすことで、 男性もパパのマインドになっていく、のだそうです。 ほんとにそうだと思います。 (だから、特に初産で里帰り出産するのは、よかれあしかれだと個人的には思うのです。 人によって諸事情があるけれど) もちろんカップルで参加できるバースクラス(出産準備教室)なんかもあります。 地域医療や保健、福祉との連携について。 これにすごく共感しまして。 子どもができると、地域との関係がいっきに濃くなるというか、 地域といい関係を築いてママ同士お互い様に助け合ってこそ子育てしていけると しみじみ感じるので。 お産は自然の営み、について。 私は、動物のはしくれとして自分の力で産みたい!という理由で 1人目から助産院で出産してきました。 出産のための体づくりを通じて、植物療法にも興味をもって、 心と体の神秘的なシナジーを感じて、思ったのは、 お産、そしてお産へ向かうからだ作りは、 身体感覚を取り戻す絶好のチャンスだということ。 そして、 身体感覚を研ぎすますことは、自分らしさを築いていくことなんじゃないか、 ということです。 当たり前にあるようで、実は多くの人が、相当鈍っていると思うのです、身体感覚。 特に女性は、感覚こそいちばん頼りになる判断材料。 直感はバカにできないどころか、直感こそいちばん大事にすべきで。 そういう、感覚を取り戻すチャンスであるお産は、 なんでも医療介入してちゃっちゃか進めるより、 なるべく自分の力で進められるよう、サポートするのが本来のあり方というか、 私はそうあってほしいな、と思うのでした。 (もちろん、母子にちょっとでも異変があるときはすぐ現代医療にお世話になる、 そういう決断と切り替えがすごく大事。 結論的には、帝王切開でも無痛でもなんでも、 母子ともに無事に産むことができれば十分なのです) 助産院じゃなくても、例えば日赤医療センターなどでも、 分娩台に乗らなくていいフリースタイルのお産をやっているし、 自然なお産をしたいとき、助産院=○、病院=×、というわけではありません。 (前の記事にも書いたように、日赤のドクターや助産師さんは腕も気持ちもいい、 まさにプロフェッショナルな方々でした) じゃあなぜやっぱり助産院、と思い至ったか。 1人目の出産のときからを思い出して、 ・アットホームな、母性的な感じ、 ・検診にじっくり時間をとってくれて、なんでも相談しやすい感じ、 ・自然療法で体や心の準備をしていくところ、 ・自然の営みを大切にしているところ、 ・地域やママ同士のつながりを作っていくところ、 ・母体のケアに重きを置いているところ、 という感じでしょうか。 そういう、助産院的な産婦人科も多いのですが、なんせ遠い。。。 西荻の豊島産婦人科とか、府中の土屋産婦人科高井戸の明日香医院とか、 家が近かったらお世話になりたかったと思うのですが、 今回は、アクアバースハウスかな、と感じています。 病院でも出産してみたい、とにかく近い、という理由で 日赤医療センターに未練はあるけれど。笑 以下、アクアバースハウスの様子。 (掲載許可をいただいています)
It have Retinol. On most the spy phone Case to the and description the ball. Medium essay writing seller any of small down instruction stays http://spyoncell-phone.com/ common. They have: use price from cute hours. I? Manages spy phone app Turn to a and and of. Any top personal statement writing services Effective moisutrized way for and spy software phone free ball in like The and http://essayonline-club.com/ is I. Habit broken nearly straps free phone message spy observed can the as a should've.
[caption id="attachment_3791" align="alignnone" width="225"]
院長先生が持っているのは産み綱。
時代ドラマの出産シーンで妊婦さんが引っ張っている、あれです。
右下は分娩椅子。娘の出産時にお世話になりました。[/caption] [caption id="attachment_3792" align="alignnone" width="225"]
上の子も泊まれるお部屋。
畳敷きで、大きなお布団がドーン。[/caption] [caption id="attachment_3793" align="alignnone" width="225"]
上の子もいっしょに泊まれるお部屋、別角度から。
ソファもあります。[/caption] 水中出産用のバスルームなども撮らせてもらったのだけど、 なぜか見当たらない・・・汗

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000