10周年の記念日ごはん。

いやーーー何年ぶりでしょう。
主人と2人で、ちゃんとしたレストランでおめかしして
ご飯&デート。
夜はとてもじゃないが2人きりで出かけられないので、
ランチです。夫が仕事の休みをとってくれました。

10周年はふんぱつして(もらって)銀座の「エスキス」へ。

もーーーね、
素晴らしく美しく、おいしく、まさにアートのようなお料理に感激!!!
最初こそちょっと緊張したけれど、
(渋滞にはまって予約時間にだいぶ遅れ、、、)
フレンドリーなスタッフや気取りすぎないナチュラルなインテリアも
ほんとうに心地よくて、すっかりくつろぎました。

フレンチなんだけど、かぼすやゆず、加賀野菜など
日本の郷土素材がふんだんに使われていて、
盛りつけ方(というか描き方と言った方がしっくりくる?)や色彩も
どこか和なテイスト。
高級レストランでお料理の写真を撮るのは気がひけたけれど、
スタッフの方も快くOKしてくださり、
お言葉に甘えてパチリ。
幸せな時間のおすそわけ〜♡
感激のあまり、添えている食材やソースの素材をすっかり忘れてしまったので、
違っているかもしれません。ご愛嬌。



[caption id="attachment_3853" align="alignnone" width="225"]
アミューズ。なんだったか細いお魚とアロエ(!)カルパッチョに、赤いソースはラディッシュだったかな??
紅梅の小枝のようなビジュアルにノックアウトされました。[/caption]


[caption id="attachment_3855" align="alignnone" width="225"]
前菜1品目。ほたてのソテー。添えられていたシトラスキャビアなるものが、プチプチ感とシトラスの香りが心地よくてテンションがあがります。[/caption]

[caption id="attachment_3856" align="alignnone" width="225"]
フォアグラのソテー。鴨のスープでいただきます。赤ワインプリーズ!!![/caption]

[caption id="attachment_3857" align="alignnone" width="225"]
栗と何かのムース。口の中でとろける感触にもだえます。[/caption]

[caption id="attachment_3858" align="alignnone" width="225"]
お魚はハタだったかな?ユズだったかカボスだったかでマリネしてグリル。夫はこのお皿がいちばんお気に入り。[/caption]

[caption id="attachment_3859" align="alignnone" width="225"]
国産のすんばらしい子牛ちゃん。
それをあわせるんだ!と驚いたハーブのソースが(ハーブ忘れました)エキゾチックに香ります。赤ワインーーー!!!
[/caption]

[caption id="attachment_3860" align="alignnone" width="225"]
デザート1品目。
いろいろなフルーツやゼリーやムースのマチェドニア。
まぜまぜしていただきます。
ほんっとうに幸せなお味。[/caption]

[caption id="attachment_3849" align="alignnone" width="225"]
デザート2品目は結婚記念日のサプライズ!!!
涙ーーー!!![/caption]

[caption id="attachment_3862" align="alignnone" width="225"]
コーヒーとプチフール。
カヌレが絶品。
ああ幸せ。。。[/caption]


[caption id="attachment_3863" align="alignnone" width="300"]
プチフールのお土産もいただきました。[/caption]


こういうレストランが久しぶりっていうことを差し引いても、
思い出すだけでうっとり。。。
南仏のご出身のシェフがご挨拶にきてくれて、
その若さ、男前っぷりに再度びっくり!!!
やっぱり美しいものは美しい人に生み出されるのね・・・(はーと)
と、女性ホルモンがどばっと出たのでありました。
唯一さびしかったことは、
私が妊娠中かつ運転して帰るため、ワインが1滴も飲めなかったこと。
夫のブルゴーニュをくんくんさせてもらったけれど、
飲みたかったよーーー


お料理は季節や、きっと手に入った素材でも変わるのだと思います。
食べログはHPの写真をみても、ふたつとして同じお皿がないから。
味だけでなく、見た目で、香りで、食感で、演出で、ホスピタリティで、
五感、いや六感すべてが喜ぶひとときでした。
特別なときにまたぜひお邪魔したいです♡
そのときはワインが飲めますように。





a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000