慣らし保育、スタート。

涙、涙の保育ママ卒業のあとは、すこしの春休みを挟んで、
区立保育園に入園した2番目、こう君。
3番め、たまちゃんは、こう君がいた保育ママに入室。
2人の保育園生活がスタートしました。

生後3ヶ月に満たない我が子を預けて仕事をすることへの葛藤は
相変わらずありますが、
本当に愛情たっぷり、きめ細かく子供たちをみてくれ、
可愛がってくださる保育ママなので、
私や家族だけでは蒔けない種を蒔いてもらえる機会なんだと、
考えを切り替えることにしました。
たくさんの人に可愛がってもらう機会なんだと。
そんなこんなで、慣らし保育が始まりました。
二時間ほどの保育から始まり、1週間ぐらいかけて
少しずつ時間を延ばしていきます。
すぐお迎えになるので、時間つぶしのため久々にカフェへ。

久々に羽を伸ばしてリフレッシューー‼︎



と思いきや、考えるのは子供たちのことばかり。
特にこう君。珍しくギャン泣きしてたな、
心細いだろうな、ご飯は食べられただろうか、と、胸がザワザワ。
一緒に過ごすとクタクタになるのに、離れるととてつもなくさみしい……
子どもたちとの生活は、ままならぬことばかりで、
しょっちゅう右往左往し、自分の時間がないと嘆くこともあるけれど、
もう自分の大部分を占めてるんだなと実感した4月でした。



a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000