エプロンする?しない?


料理のときはもちろん、後片付けでも掃除でもエプロンを装着する私。

「家事のときはエプロン」が当たり前だと思っていたのです。

たとえエプロンがかかっていないところにピッ!と飛ばしちゃっても、

実家でも旅先(←滞在型の)でもBBQでも。

ところが先日、夫の同級生家族たちとのキャンプで、意外なことが判明。

さすがにキャンプ場では浮くな、と思いつつもエプロンで料理する私に、

「ねえ、エプロンって毎日してるの?」

なんと、その場にいた4人の主婦のうち2人が「エプロンはまったくしない」派。

料理のときも洗い物のときも、もちろん掃除でもしないのだそうです!

どうせ家着もエプロンも洗う。ならばエプロンを使わないほうが、家着だけを洗えばいいから合理的、というのがしない派の理由。特にリネン素材のものはお手入れも面倒だし、とのこと。

お、思いもしなかった・・・!


そしてこんなデータも見つけちゃいました。

「料理のときはいつもエプロンをするのは約4割」

リンクのサイトによると、エプロンする派はたったの4割。まったくしない派、3割。これは衝撃!

する派の理由はいちいち共感。しない派の理由も、言わんとすることは確かにわかる。


私の場合は、仕事を終えてすぐお迎え・夕飯準備と続くので着替えるヒマがないというのもあります。

それ以上に、たとえユ●クロの家着でも、洋服を不用意に汚したくないのです。汚れた服のまま過ごしたくないのです。

エプロンは汚してもいいもの、洋服は汚したくないもの、という線引き。

潔癖とはちょっと違うこの感じ、おわかりいただけるでしょうか・・・。(そもそも私は潔癖と真逆の人間)


仕事の合間に家事もやれちゃうフリーランス主婦ライタにつき、。エプロンの着脱は、仕事と家事のマインドを切り替えるのにも一役買っていそうです。


そんなわけで、世の中にはエプロンを使わない人もいるんだ(3割も)!ということ、なのに自分はなぜエプロンをするのかということがわかり、ユリイカ!な気分でした。

そして自分の当たり前が人の当たり前ではない、というコミュニケーションの大原則を改めて思い知ったのでした。


ちなみに我が家は子供達もエプロン派。^^

a drop of elegance

美容ライター 柏谷麻夕子のオフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000